しずかやのニキニキ日記

産地直送・新鮮野菜を扱う、下町の八百屋の活動報告!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅葱が届きました!

母方の田舎から、毎年恒例のモノが送られてきました。
おじさんどうもありがとう!

ナニが来たかと言いますと・・・、じゃじゃん!

20100613新潟からアサツキ到着!

アサツキです!

・・・・・・ここで「オヤ?」と思った方、いますね?

普通関東地方では、万能ネギのかなり細めのものを「アサツキ」って
呼んでいるんじゃないかと思います。
こんな感じで。
20100613フツーのアサツキってこれだよね?
実際のところ、築地でも葉ねぎの若取りのものを「アサツキ」、
さらにもっと若い若芽を「芽ねぎ」と呼んでました。


ところが母の田舎の新潟では、その若取りの葉ねぎの鱗茎の部分を
「あさつき」と呼ぶのです。
 なんですと!?


そこで、手持ちの本で調べてみると、

 ■ アサツキはわけねぎの仲間で、厳密に言うと「ネギの仲間」である。
 ■ アサツキ・わけねぎはネギと異なり、種を作らず鱗茎で増える。
 ■ 独特の辛味があり、葉の部分から鱗茎まですべて食用とされる。


・・・とのこと。

確かに市場で出ているアサツキは、葉から鱗茎まで全部ついていて、
その鱗茎もかなり小さかったです。

ところが、新潟から送られてきたアサツキは上の写真のように、
大きくなった鱗茎のみ!葉の部分はありません!

新潟では葉の部分は食べないのか両親に訊くと、
「固いから食べない」んですと!



なるほど、分かりました。

 ■一般のアサツキ
      栽培物のため鱗茎は小さく、
      全部まるごと食せるが、主に食べるのは葉のみ。

 ■新潟から来たアサツキ
      自生物のため、鱗茎の部分しか食べない。
      葉は固いから食べない。


どこかのケンミンショー並みのカルチャーショックですねー。
同じ物、同じ呼び方なのにここまで食べ方に差が出るとは!

今まで葉の部分しか食べたことのない方は店頭に並びますので
これを機会に鱗茎の方も食べてみてはどうでしょう?
でも、なかなか辛いですが。(^^)


ちなみに。

アサツキの鱗茎は新潟では、泥を落として洗ってから
刻んで蕎麦やソーメンの薬味にしたり、
味噌をつけてまるかじり(!)して食べたりします。

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.10/11 14:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.09/26 16:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

電力使用状況&電気予報

しずかや

東京都足立区千住緑町       2-14-13                  営業時間:          10:00~19:00

VG★CHO3

Author:VG★CHO3
野菜大好きー!
ネコ大好きー!

でもネコアレルギー(;;)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「しずかや」はココ!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。