しずかやのニキニキ日記

産地直送・新鮮野菜を扱う、下町の八百屋の活動報告!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから2週間

3/11の大震災からもうすぐ2週間が経ちますね。

当分の間は金曜日になるたびに地震のことを思い出さずにはいられなくなるでしょう。
それほど日本に大きな傷跡を残した天災でしたが、最近の報道は、原発事故という「人災」のことにウェイトを置いているようです。

確かに黙って無視できない、世界中が注目している事故ではありますから当然といえば当然なのですが、それによって人生を振り回されている人がどれほどに多いことか・・・!


当店は茨城の農家さんから多くの野菜を調達して店頭に並べております。
主につくば市やつくばみらい市など県南の地域で、この時季は露地栽培の葉物野菜などは終り、ハウス栽培の野菜(ほうれん草、トマトやキューリ)がメインになります。

あの事故以来、農家さんの顔は晴れません。

当然です。国が「食べても直ちに健康被害が出ないレベル」と言っているのに、露地栽培・ハウス栽培区別なく、全県で出荷規制をしてしまったために、せっかく作った野菜をどこにも出荷できず、潰してしまうわけですから。

国民の健康を考えればやむを得ない、ある意味当然の処置とも言えなくもありませんが、農家さんに取ってはやるせない思いでいっぱいです。だって、農家さん、何も悪いことしてないんですよ?

規制外の野菜も安く買い叩かれ、全く元を取れません。いや、まだ売れるだけいいのかもしれません。
テレビや新聞で廃棄されたほうれん草の山の映像を見るたびに、すごく悲しくなります。
昨年発生した九州の口蹄疫や鳥インフルエンザで、泣く泣く家畜たちを廃棄せざるを得なかった農家さんも同じ気持ちだったんですよね・・・。


これから先、たとえ福島の原発が落ち着きを取り戻したとしても、放射線の土壌汚染や水質汚染は残るでしょう。夏に市場に出てくるメロンやスイカや露地野菜、秋になったら新米。また冬になったら旬を迎える数々の葉物野菜。それらに今回の事故の影響は全く残らないとは、現状言えませんよね。

3/10以前の状態に戻るのは一体いつになるのか、想像もつきません。

いまはただ、現状が少しでも良くなっていくのを祈るしかありません。
祈るしかない自分が、すごく歯がゆいです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

電力使用状況&電気予報

しずかや

東京都足立区千住緑町       2-14-13                  営業時間:          10:00~19:00

VG★CHO3

Author:VG★CHO3
野菜大好きー!
ネコ大好きー!

でもネコアレルギー(;;)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「しずかや」はココ!

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。